名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS プロテオグリカンは氷頭なますから生まれた

<<   作成日時 : 2013/04/02 18:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プロテオグリカンは馴染みのない物質ですが、30年以上前から研究者の間では注目されていた物質です。

一般的な性質としてはコンドロイチンやヒアルロン酸、グルコサミンといった骨や肌にいい効果があるらしいのですが、まだ十分に研究が進められていません。

それはプロテオグリカンを抽出するのに膨大な費用がかかっていたため十分な研究用プロテオグリカンの確保が難しかったからです。
わずか1g抽出するのに3000万円もかかっていたのです。


いくら研究用の試薬といっても1g3000万もする物質を多くの研究者が手に入れるのは難しいのです。
ところが弘前大学の高垣教授(故人)が、あるとき鮭の氷頭なますを食べていて閃いたのです。

「鮭の軟骨がこれだけ柔らかくなるということは軟骨成分の結合がほぐれているということだろう。ならば鮭の軟骨を酢に漬けておけば含まれているプロテオグリカンが抽出できるはずだ」

1g3000万するプロテオグリカンは牛の気管の軟骨から高額な薬品を使い抽出されていました。だから1g3000万にもなったのです。

鮭の鼻骨にもプロテオグリカンが含まれているのは分かっていましたが抽出方法がありませんでした。
高垣教授は早速、鮭の鼻軟骨からプロテオグリカンを抽出する方法の研究に着手し、抽出に成功しました。

鮭の頭は粉砕して肥料にすることぐらいしか使い道がなかったのですが、これで大きく価値があがりました。
プロテオグリカンも大量に生産できるようになり研究者も多く参加できるになったのです。

そんなわけでプロテオグリカンはまだ発展段階の物質です。





現在分かっている「らしい」効果はコンドロイチンやヒアルロン酸、グルコサミンと同じような効果があるらしいということだけです。
免疫力を高める、あるいは免疫機能の暴走を抑制する機能があるらしいのですが詳しい研究結果はまだ発表されていません。

ほかにも有用な機能がありそうな予感が研究者の意欲を駆り立てているようです。



画像





膝関節痛に効く

300人を対象にした試用実感です。

2012年2月から3月にかけての30日間、市販のプロテオグリカン入りサプリメントを1日1回1錠服用してもらい、その間は他のサプリメントや健康食品の摂取は止めてもらいました。

被験者の内訳は男性163名、女性153名、平均年齢50.6歳(40〜77歳)。
感じている膝関節痛の変化の印象を数字でスコア化してもらいました。

摂取前の平均数値は39.3(±18.0)でした。
プロテオグリカン入りサプリメント摂取後の平均スコアは21.0でした。
その差はマイナス18.3です。


明らかに膝関節の痛みが軽減されたのです。



プロテオグリカン配合プロテウォーク






画像





肌の保湿・弾力を保つ</strong>

実験の経過・結果は省略します。
ただ使ってみた実感としては

ヒアルロン酸に比べさらっとしている
お肌の自然治癒力を上げているような気がする
さらっとしているのに保湿効果が長時間続く
さらっとしているので上に化粧しても崩れない


などの声があります。


まだまだこれから注目を集める効果が発表があるかもしれません。
新聞記事やテレビの特集番組などで取り上げられることがあると思います。
注目、期待していましょう。











サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロテオグリカンは氷頭なますから生まれた 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる