名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS アルツハイマー予防にアスタキサンチンがいいらしい

<<   作成日時 : 2012/11/08 17:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オタク、アスタキサンチンって知ってます?

もし知っているとすれば相当な健康オタクです。

ぼくは最近知りました。
1ヶ月ほど前に買った花粉症用のサプリメントを飲んでいて、ある日含有成分に甜茶(てんちゃ)、バラの花びらエキス(これがお目当てで買ったのですが)、シソの実エキスと書いてある他にアスタキサンチンと書かれてありました。

はて? アスタキサンチンって何? 知らないぞ…

というわけでアスタキサンチンについて調べてみました。

これが実にすごい。
ビタミンEの500倍の抗酸化力を持つ色素系の健康物質です。

アスタキサンチンは蟹や海老の甲羅の中に含まれる赤い色素物質です。
他には、鮭の赤い身、鮭の卵であるイクラ、真鯛の赤い皮の部分に含まれています。
にんじんのベータカロテンとか赤ワインのポリフェノールと同じようなことなのですが、その抗酸化力がビタミンEの500倍とはすごい。

そして、もうひとつすごいところは、このアスタキサンチンは血液脳関門を通過して脳細胞に達することができるということです。

脳はきわめて重要な器官なので、そこに張り巡らされている毛細血管の細胞には体の他毛細血管の細胞膜に比べて極めて厳密なフィルター機能があります。
このフィルターを通過できる物質は限られています。それが通過できると言うことはとても重要なことです。

アルツハイマーや認知症の治療薬も、いかにしてこの血液脳関門を通過させて脳細胞に到達できるかが大きな研究テーマなのです。
アスタキサンチンは血液脳関門を通過して抗酸化力を発揮できるのですから並大抵の物質でないことがお分かり頂けると思います。

実のところアルツハイマー病がどうして起こるのかは解明されていません。
脳の老化であることには違いありませんが、通常の脳の老化より進行度が格段に早いということです。

脳細胞は一度死滅すると再生されません。
皮膚の細胞なら2週間ぐらいで新しい細胞に入れ替わりますが、脳細胞はそうは行かないのです。
そして脳細胞を死滅させるのが活性酸素であろうことは確実でしょう。

そこで強力な抗酸化物質アスタキサンチンが脳細胞に届けば脳細胞の破壊は防げるわけです。

これは科学的に証明されたわけではありません。
しかし証明されるの待つか、「おそらくそうだろうから飲んでみる」かの選択になるのですが、やはり「飲んでみる」ほうを選択したいです。





500円シリーズ ビタミンE&アスタキサンチン【税込3000円以上お買い上げで送料無料】AFC(エーエフシー)10P25Oct12【RCP1209mara】
品質本位の健康食品エーエフシー
いつまでも若々しくありたい方に ビタミンEの約1000倍の力でサビに対抗するアスタキサンチンと、流れ


楽天市場 by 500円シリーズ ビタミンE&アスタキサンチン【税込3000円以上お買い上げで送料無料】AFC(エーエフシー)10P25Oct12【RCP1209mara】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルツハイマー予防にアスタキサンチンがいいらしい 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる