名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 高血圧と無呼吸症候群

<<   作成日時 : 2012/10/31 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

無呼吸症候群の症状は大きないびきです。

大きないびきをかいていたと思ったら、いびきの途中で急に止まります。
いつ再開するのかと聞いていても、いびきはなかなか再開しません。
いびきの再開を待っている人の方が息苦しくなります。
息を止めていられる限界を過ぎたころにやっと再開します。

無呼吸症候群は肥満気味の人に多いです。喉の奥の舌根という部分が垂れ下がり喉を塞ぐのでいびき(息)が止まってしまいます。
最初から口で息をして眠ればいいのでしょうが、人間眠るときは鼻で息をするのが基本のようです。
その証拠に寝るとき鼻に栓をして寝てご覧なさい。必ず息苦しくて夜中に目が覚めて鼻栓をとってしまうはずです。

無呼吸症候群がどうして血圧に良くないかと言えば、呼吸が止まることによって酸素不足になるからです。

全身に酸素を送ろうと交感神経が目覚め心臓の圧力を上げるため血圧が上がります。
交感神経が睡眠中何度も活発になるので熟睡ができません。
寝不足状態です。

心臓に急激な負担をかけたり、慢性的な睡眠不足により「不整脈」「狭心症」「心筋梗塞」「脳卒中」のリスクが高まります。

治療はマウスピースを付けて寝る方法や喉の組織の一部を切除する方法がありますが、
肥満であればまず減量です。

また軽症であれば横向きになって寝ればよくなるケースもあります。


画像
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高血圧と無呼吸症候群 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる