名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 脳卒中の原因は高血圧とコレステロール

<<   作成日時 : 2012/10/27 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

脳卒中は脳の血管が破れる「脳出血」と、脳の血管が血栓等(血栓、脂肪、細胞など)で詰まる「脳梗塞」の2種類があります。

「脳出血」の場合はコレステロールが正常値より低い人に起こりやすいです。
コレステロールは血管壁を丈夫にする働きがあるのですが、それが少ないため血管壁がもろくなっています。
高血圧による強い圧力で血管が破れやすくなっているのです。

脂身の少ない肉類、魚、卵を摂ってコレステロール値を正常域まで上げる対策が必要です。


「脳梗塞」はコレステロール値が高くて低くても起こります。
高コレステロールの場合は太い動脈で起こる粥状動脈硬化が原因になって起こります。
低コレステロールの場合は細動脈硬化が原因で起こります。

コレステロール値は正常値域に保つほか、血圧のコントロールが重要です。
血圧を下げ、かつ、血管を丈夫にしなければいけません。

食生活では以下の食品を摂るようにします。
カリウムを摂る(バナナ、オレンジなどの果物)
新鮮な青魚を摂る(秋刀魚、いわしなど)
大豆製品を摂る(豆腐、納豆、がんもどきなど)
食物繊維を摂る(こんぶ、わかめ、きのこなど)
牛乳を飲む
減塩

日常生活では急激な血圧変動を避ける。
温度差(トイレ、浴室)には注意。
タバコは血管を収縮して血圧を上げるので、(命が惜しければ)禁煙です。

画像
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳卒中の原因は高血圧とコレステロール 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる